KDDIのメタルプラス、Bフレッツのマイグレーションに続いて次はISDN、INSのマイグレーションです。

マイグレーションにおいて、殆どのユーザー様がまだ終了までに期間があるからと何故かぎりぎりまで置いておかれる事が多いのですが、ぎりぎりまで置いておくとマイグレーションの難易度が上がることがあります。単純に工事の稼働が確保できないといったところであったり、検証する時間が取れない、機器が確保できない、工事許可取りが間に合わないなどなど。

既存のISDN、INSが何の設備で使われているのかといった事が一番重要なのですが、その設備が止まると売り上げに支障が出るものだとか、業務の運行に支障がでるといった用途はお客様にしかわからないので、一旦、何の用途でISDN、INSが使われているのかお調べになっておくとマイグレーション着手もしやすいです。

当サイトでしたら、利用されているINS、ISDNの光化まで対応可能です。

お気軽にご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です