来日する外人に向けてのデータ端末レンタルビジネスですが、スキーム例としてこのような形があります。

①御社でWⅰMAXなどの契約を行い、外人から預り金を頂き貸し出しするパターン。こちらは端末盗難されますと端末安心保障に入っていても保障対象外となりますので気をつけるべきところではあります。その場合、解約して新規契約するか中古のWⅰMAX白ロムを調達するかです。

②中古のテザリング対応スマホかデータ端末を用意してU-NEXTのデータSIMを挿して貸し出し。中古端末の調達費用が最初にかかりますがレンタル代金でペイしてしまえばあがる利幅は大きくなります。中古端末一括購入なので盗難されても①のパターンよりは被害が少ないですね。これからはこちらのスキームの方に分があるかもしれませんね。

当サイトではどちらのスキームも対応可能です。

ご検討の程、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です